ハニプラ美容液でリフトアップ

\いまなら75%オフキャンペーン中/
ハニプラ美容液を割引で買う>
※1回でも解約可能です※

シミ、シワよりも老けて見える「たるみ」。

肌の弾力が失われると皮膚がたるみ始めます。頬にほうれい線ができたり、顎が二重になってきたり・・

写真写りが悪くなってくるのも、たるみが原因です。

顔がたるんでしまうのは、以下のような原因があります。

  • 乾燥
  • 紫外線による光老化
  • 活性酸素による肌老化
  • 女性ホルモンの減少でハリが失われる

このように内側からたるみ始めたらもう、マッサージだけでは解決できません。

フェイスラインをマッサージして効果が出るのは「むくみ」によるたるみの場合です。

肌の弾力が失われてたるんでいる場合は、弾力とハリを戻してあげることでたるみ対策ができます。

美容業界で最近注目されているヒト幹細胞エキス卵殻膜エキスは内側からピンとしたハリを与えてくれるので、積極的に塗っていきたい成分ですね。

ヒト幹細胞エキス・卵殻膜エキスとは

ヒト幹細胞エキス
私たちが本来持っている美肌に不可欠な成分を作るのに役立ちます。

肌にキメを与えるサポートをしてくれるのもうれしい。

卵殻膜エキス
人の肌に近いコラーゲン等の成分を豊富に含んでいます。

加齢によって減少するコラーゲンを支え、ふっくらお肌を作るのに役立ちます。

ヒト幹細胞エキスや卵殻膜エキスは、保湿成分と一緒に塗るのが効果的です。肌の土台が乾燥していたらせっかくの美容成分もパワーを最大限に発揮できませんよね。

保湿成分として太古の昔から人気がある「ハチミツ」はやはりおすすめ。

肌のキメを整え、乾燥を防いでくれるのでツヤが出ます。口に入っても安心な成分なので、敏感肌の人も安心して使用できますね。

その他、ヒアルロン酸やプラセンタなどの保湿ケアに最適な成分はおさえておきたいところ。

肌の弾力とハリなら、リフトアップ美容液がおすすめ。

雑誌Domaniの「Wエキスでリフトアップ」部門で1位を獲得した美容液がハニプラ美容液です。

ヒト幹細胞エキスと卵殻膜エキスの両方を配合し、ハチミツなどの美容成分を96.28%と高濃度で入れた商品です。

ハニプラ美容液を47歳主婦のわたしが使ってみた


私は市販の美容パックでもピリピリしてしまう敏感肌なので恐る恐る塗ってみました。

なんだかポカポカしてくる感じがあり、ハニプラ美容液だけで様子を見てみたところ、しっとり感はかなり持続。

香りはうっすらハチミツかな?合成香料など入っていないようで、臭いニオイはありませんでした。

1日や2日ではリフトアップ効果は実感できませんが、保湿力の高さはすぐに分かりました

このハニプラ美容液は導入美容液として使用するのが効果的らしいので、洗顔後1番に使用して、通常通りの化粧水などを塗っています。

内側からしっとりするのに表面はサラッとしていて気持ちいい使用感です。

ハニプラ美容液の使い方で工夫している女性は、リキッドファンデに混ぜて乾燥を防いだり、週に一度だけ贅沢に使用して美肌パックをしたりしているそうです。

リフトアップの効果は1日では分かりませんでしたが、一ヵ月ほど使い続けていたら夫から「痩せた?」と聞かれました(笑)

体重は変わっていない(むしろ増えた)のですが、たしかに鏡を見ると頬のあたりがスッキリしてきたように感じます。今までたるんでいたのね~と気付きました。

今すぐリフトアップできるのは美容医療


美容外科で糸を入れる手術をすれば一瞬でリフトアップできます。

でも、糸リフトは何度もできないし、痛みを伴います。見た目がつり上がって不自然になるリスクも。

それに、お金もかかるんですよね。

一般的な糸リフトの相場は、1本5万ほど。両頬に2本ずつ入れたら20万円です。

リフトアップしたい場合、糸や美容外科の手術は最終手段とするのが良いですね。

まずは成分を見て、ヒト幹細胞エキスや卵殻膜エキスが入っている美容液を使ってたるみをケアするのがおすすめです。

原料が高価なので美容液の値段も高くなってしまいますが、それでも1回20万円の糸リフトをやるよりずっとお得ですよね。

たるみが気になり始めた人や、リフトアップしたい人は美容液を使ってみる価値はあると思いますよ(*^^*)

\いまなら75%オフキャンペーン中/
ハニプラ美容液を割引で買う>
※1回でも解約可能です※